てんまあすとろ通信

はてなダイアリーサービス終了に伴いはてなブログを新設しました 2018-11-29 神社巡りをしてきましたが、近年は白山神社を中心に巡っています。

夢の記録

今朝見た夢のこと

米子という単語が出てきた。

姉御風な女性が旅に出るので私も来いというのでどこにやら行くことになった。

その女性とは仕事の知り合いの人のような人で、私にわかりやすいビジョンで出てきたのだと思うが、色は白くてロングな髪型をしていて、仕事はテキパキとこなすようなひとだ。
クルマはトランザムで20年前ぐらい前のアメリカ車でもだいぶ大人しくなった時代のスポーツカーとだった。

運転はしなくて良いので乗っていれば良いという。
どこまでもどこまでも西のハズなのだが、あっというまにどこか西の地方に着いたと思ったら、山間のどうみても民家の二階に泊まることになって、私用の部屋も用意されていた。

どこだかわからないが、風呂にでも入ろうと思ったら温泉でもなく普通の田舎の家の風呂なのだが泳げるくらいの風呂でびっくりした。
さらにびっくりしたのが双子の座敷童がいて、きゃっきゃ騒いでいる。
「騒ぐのでない」と言ったら、もっと喜んで騒いでいる。しかし、座敷童なんぞ普通にいることはここは地球ではないなと思った。

風呂から出て応接間のようなところにいると、姉御風な女性が来て「明日は山に行くから鑑定してほしいものがある。そのために一緒に来てもらった」という。
よく見ると応接間に見覚えのある観音像が何故か置いてあった。とても小さい観音像である。

次の日どこか小さい地方都市を通過して高速道を横切って山の方に向かった。
「ところでここはどこなんですか、昨日は途中を端折った(ワープ)したようですが」と私が聞くと。
「米子だ」と姉御風な人が言う。
鳥取の米子ですか、何故かこの辺は標識がないんですが」ときく。
「それはそうだ、異次元だからな」

米子・・

さらに山に向かうと、トランザムでは入り切れない道まできてしまったが、無理やり走り抜けるとガードレールのほうがすっ飛んでクルマはなんともないので、このクルマはクルマでないのに気が付いた。

 

すると、山のふもとにある施設があって、薄緑色の施設のような建物があって中にお年寄りがたくさんいた。
「ここはなここらへんの情報コントロールシステムで、エリア内で起こったことはすべて通知されて分析して、このあたりを制御してるんだ」と姉御風な人がいう。

「ほれ、あれを観ろ」と言われると、そこにどこかで観た山が目の前に広がっていた。

「おお、これはすごい山ですねえ。私の故郷の山と良く似てます」という。

「あれは日本のベーシックモデルの山だ。全ての神の山とネットワークでつながっている。この山がベーシックで山が形成されてるんだ。しかし祖であるから現在はセントラルとしては機能していない」と説明された。
「それであなたにしてほしいのは、28花弁章のルートがあって3次元物質世界と繋がり反映されている。龍宮の乙姫の担当世界の物質支配界だから私には出来ない。これから戻ったら、それがどこに置かれているか見つけてほしい」
「かまいませんが、なんで私がやるのですか?」

「御蟲の蟲神使いだからな。あなたなら簡単な作業でしょう」
「いいですよ。帰ったら早速みつけますよ」

と言う夢だったのだけど、一体姉御風な人は誰ったのだろう?
過去の夢で2度出てきた。前は船橋の依頼だった。